HOME > How to > プロで活躍するための基本OS

プロで活躍するための基本OS

見出し『プロで活躍するための基本OS』とは

プロになるには才能が必要と言われます。
その才能とは何でしょうか。

 

頑張れることも大事な才能の一つですが、才能というよりも『プロに必要なこと』を理解して、適切な努力をしてこそプロへの道が本当の意味で開けてくるのではないかと思います。


才能とは、『目標に対して必要なことを理解して、適切な努力が出来る』ことだと思います。

本書は、『プロに必要なことは何か』に明快に答えています。
プロを本気で目指している選手、長くプロで活躍したい選手への羅針盤、バイブルとなることを願っています。
さあ、プロを目指すだけではなく、トッププロとして活躍できる知識とスキルを本日から身につけていきましょう。


『OS』とは

パソコンのソフトウェアとして、広く使われているオペレーティングシステムという言葉で、通称『OS』です。
パソコン向けのOSとして広く利用されているものにはMicrosoft社のWindowsシリーズやApple社のMacOSXがあります。
本書が、Windowsのように『プロになるため、活躍するため』に皆さんの脳と体にインプットされた『基本OS』となることを目的に、『OS』という言葉を使用しています。

 

本書は、吉田康弘氏の全面的な協力・サポートによりつくられました。

 

<吉田康弘氏プロフィール>

1969年生まれ。
広島県広島市出身。
東海大第一高校で選手権全国優勝を経験。
明治大学体育会サッカー部を経て、1992年鹿島アントラーズ入団。
才能は注目を集め、『ジーコの後継者』と呼ばれた。
ジーコとともに3年間を鹿島で過ごした後、清水エスパルに移籍。
サンフレッチェ広島も含め、J1・311試合出場。
現在、横河武蔵野FC監督。

2012年度は、天皇杯で昨年覇者のFC東京に競り勝ち、4回戦進出。

 

見出し内 容

・ プロを夢見る多くの選手がなぜプロになれないのか?
・ プロで活躍するために必要な考え方は?
・ プロとアマの決定的な違いとは?
・ プロのメンタルとは?
・ プロを長く続けられる選手とは?
・ チームの成果と個人の成果はどちらが大事?
・ セレクションで欲しいと感じる選手とは?
・ 高校の寮に入るのは実際良いことだろうか?
・ 大学からプロを目指すためのポイントとは?
・ 海外のセレクションで残る選手とは?
・ 点をとられないための基本思考
・ プロを長く続けるための基本スキルとは
・ ポジションニングが悪い選手の共通項は?
・ どこを見てプレイすればよいのか?
・ ワンタッチ・ダイレクトを武器にするために
・ 自分のオンリーワンをつくるために
・ 漠然とTVのプレイを見ていても自分のプレイには落としこめない
・ アマは横に逃げる。プロは縦に掘り下げる。
・ 声かけは技術。掛け声の質を上げていく。
・ フィジカルとサイズの差を脳で補うことを常に模索する。

●料 金

料 金:19,800円(税込)
※お申込いただいた後、お振込口座番号をお知らせします。
お振込を弊社にて確認後、3営業日(土日除く)以内にお届け予定となります。

●プロで活躍するための基本OS お申込フォーム

 

※現在、販売を行っておりません。

ページトップへ

 

ドリブルの突破力を磨く!ドリサル®2017夏休みキャンプ

S[AVXgɊւe킨⍇Ek

  • XN[puO
  • ₢
  • facebook
  • facebook
  • X^btW
  • cIC^r[
  • TbJ[ENuɍi邽߂̖{