HOME > MIZUNO U10 日本大会 第1回大会

MIZUNO U10 日本大会 第1回大会

株式会社ミズノスポーツサービス イタリア大使館 ゴールアシスト ジャパンフリトレー株式会社 ジュニアサッカーを応援しよう! / 株式会社 カンゼン はいチーズ! / 千株式会社

見出し第1回大会の様子

予選大会 優勝チーム

① 仙台会場

鹿島アントラーズ ノルテ

結果詳細

② 佐野会場

パサニオール誉田FC

結果詳細

③ 千住大橋会場

FC85オールスターズ

結果詳細

④ 新木場会場

ジェフユナイテッド市原・千葉

結果詳細

⑤ 調布会場

レコスユナイテッド

結果詳細

⑥ 藤沢会場

トリアネーロ町田

結果詳細

⑦ 芦屋会場

YF奈良テソロ

結果詳細

⑧ 和田岬会場

プリモ大阪

結果詳細

⑨ ワイルドカード

東京ヴェルディ

結果詳細

決勝大会 優勝チーム

アミノバイタルフィールド

トリアネーロ町田

結果詳細


トリアネーロ町田 日本大会優勝の軌跡とイタリア本大会の戦績

トリアネーロ町田 戦績

見出しトリアネーロ町田 監督インタビュー

Q.ここまでの3年間、どのような道のりでしたか?

・2016年、2名からスタート(人数が少ないので、上のカテゴリーに混ざりTR)
・2017年、ハトマークフェアプレーカップ優勝
・2018年、前年に続きハトマークフェアプレーカップ優勝、MIZUNO U10日本大会優勝
・2019年、イタリア本大会出場 3-2でチェルシーに勝利!(3位トーナメント優勝)

飛び級制度を取り入れ、学年の壁をなくし、日々トレーニングをしてきました。
常に高いレベルの中でプレーをすることで、短い期間で選手たちのレベルが引き上げられました。

Q.MIZUNO U10フットボール日本大会参加に向けて、どのような準備をされましたか?

普段から週一回フットサルトレーニングも取り入れていたので、予選大会では選手たちが普段通りのプレーを発揮することが出来ました。
また、トレーニングマッチの中で、決勝大会、本大会に向け9人制で試合をさせていただいたりと大会に向け準備していました。

Q.イタリア本大会に参加して感じたことはどのようなことでしたか??

まず、大会に参加しているチームの守備強度(プレッシャー、当たりの強さ)に驚きました。
日本では感じたことのない圧力で、攻撃陣がうまくいかなかったです。
その中で、大会期間中に選手たちが、どうすれば相手に勝てるのかと考え、工夫して、毎試合成長していく姿を見ることができました。
全試合通じて、日本人選手のアジリティ(一瞬の動き)は世界でも通用することは実感できました。

Q.イタリアで試合をする中で印象に残っていることはありますか?

勝ち負けに関係なく、ついさっきまで試合をしていた相手選手からスタッフ、応援していたサポーター(保護者)の方々が、試合終わりに私達、選手やコーチに向けて拍手や握手など、表裏なく心から賞賛してくれました。
その姿にとても感動しました。
すぐに応援に来ていた、トリアネーロ町田の保護者たちと共有をして、トリアネーロ町田もそのような姿勢を大切にしていこうと話しました。
常に高いレベルの中でプレーすることで、短い期間で選手たちのレベルが引き上げられました。

Q.帰国後の様子は?

私自身も、イタリア本大会でプレーした選手達も帰国後に感じたことは、日本人選手たちのプレッシャーの緩さでした。
イタリア本大会を経て、トリアネーロ町田の選手たちの守備強度も上がり、帰国後に対戦した相手チームのコーチたちに驚かれました。
サッカーの本場で、本物のサッカーに触れた選手たちは、サッカー脳がグンと成長したと思います。

Q.今後、イタリアでの経験をどのように活かしていきますか?

まずは、スタッフにイタリアで感じたことを伝え、共有していきます。
イタリアで感じた、守備強度(常に奪いにいく習慣付け)をトレーニングの中で再現して、チーム全体に落とし込んでいきたいです。
その守備強度でトレーニングしていければ、守備以外の成長につながり、チーム全体の強化にもなると思っています。

ページトップへ
ドリブルの突破力を磨く!ドリサル®2019冬休みキャンプ
ゴールアシスト会員サイト|G-member MIZUNO U10 日本大会

ゴールアシストに関する各種お問合せ・ご相談

  • GAキッチン
  • お問い合せ
  • 公式facebook
  • 公式facebook
  • スタッフ募集
  • 寺田周平選手インタビュー
  • サッカー・強豪クラブに合格するための本